UVカット生地の仕組みは?長持ちするUVカット布と見分け方

UVカット生地の仕組みを簡単にまとめました。

紫外線対策できる布・UVカットできる生地には種類があります。

長持ちするタイプと、その見分け方も書いています。

UVカット生地の仕組みは?長持ちするUVカット布と見分け方

UVカットされている衣類や帽子、UPF表記がついた紫外線対策できるアイテム…。

たくさんありますが、紫外線対策できる布・UVカットできる生地には種類があります。

種類と特徴、見分け方をまとめました。

布自体にUVカット効果はある!

まず最初に書いておきたのは、布には、何の処理がなくてもUVカット効果があるということです。

自然繊維でも合繊繊維でも、無処理の素の状態でもある程度の紫外線カット効果があります。

織り方や色で違いはありますが、それは別記事で書いていきたいと思います。

UVカット生地の種類

ここからが本題です!

「UVカット生地」や「紫外線をカットする布」と言われるものは、大きく分けて2種類あります。

・コーティングタイプ
・練り込みタイプ

コーティングタイプ:UVカット加工

生地ができた後から「UVカット加工」する方法で作られたものです。

布ができてから加工をするので、「UVカット加工」と表記されています。

「UVカット加工」にはこんな方法があります。

・製品ができた後に、紫外線吸収効果のある反射するコーティング剤を吹きかける

・布を染めるときに、染料に紫外線吸収剤をなじませる

布ができてからの処理なので、摩擦や洗濯など、何度も使うとだんだん効果が薄れてきます。

これの弱いバージョンが、バッグや帽子に使える「UVカットスプレー」と言えそうです。

練り込みタイプ:UVカット素材

練り込みタイプは、糸に紫外線防止効果のある無機微粒子を練り込んだものです。

布素材そのものにUVカット効果があるので、「UVカット素材」として売られています。

練り込まれる無機微粒子は紫外線を吸収&反射する効果のある、こんなものが有名です。

・特殊セラミックの微粒子
・カーボンの微粒子
・UVクリームにも使われる紫外線錯乱財の酸化チタンの微粒子

どれも国から安全と認められた物質で、布を作る時に糸にしっかり練り込むという感じ。この他に、「酸化亜鉛やベンガラ、カリオン」といった微粒子が使われることもあります。

練り込みタイプだと、赤外線も可視光線も防ぐので、着ていて熱くなりにくい素材ともいえます。

布を形作る糸そのものがUVカットするので、コーティングタイプよりも長持ちします。

今のところ、練り込みタイプは、綿には使われずにレーヨンやポリエステル等の化学繊維に使われるUVカット方法です。

最近では、練り込んだ糸の断面をUVカットしやすい形に加工してUVカットをアップさせているものもあります。

進化するUVカット生地

UVカットとして売られているグッズは、この2種類が多いです。

ただ、技術は進歩するので、最近は上の2つ以外の方法もあります。

無機微粒子ではなく、特殊な紫外線カット剤(新規ポリマー)を使ったUVカット生地もあります。これは女性のプライバシーを守る、ポリエステル素材の「透けないカーテン」に使われていることもあります。

ただ、ファッション系の紫外線対策グッズはコーティングタイプと練り込みタイプの2種類が多いです。

UVアイテムを買うときの参考にしてくださいね!

Follow me!