日陰の紫外線量は日向の何パーセント?紫外線の道筋は3ルート有

日傘と日向の紫外線量ってどれくらい違う?

室内はどれ位の紫外線が入ってくるの?

ビルや建物の日陰と、太陽が直接当たる道の紫外線量の違いを%で言うと?

紫外線が肌にあたる3つのルートを知れば、こんなハテナも解決します。

スポンサーリンク

日陰の紫外線量は日向の何パーセント?紫外線の道筋は3ルートあり!

3月くらいから一気に増えてくる紫外線。

夏の直射日光はジリジリ〜と肌を責めてくるので、日陰に入るとホッとしますよね。

でも実は、日陰でも結構な紫外線量が降り注いでいます。

日陰は日向の50%の紫外線が降り注ぐ!

まずはズバッと結論を…

日陰の紫外線量は、日向の半分程!

では、なぜ半分位なのでしょうか…。
理由をババっと書いていきます。

紫外線が肌に届くまでの3つの道筋

紫外線にUVA,UVBがあるのは広く知られていますが…

太陽の光が、紫外線として肌に届く道筋は、3つのルートがあります。

・直達光
・錯乱光
・反射光

それぞれ簡単に説明すると…

直達光
直射日光として肌に届く光
錯乱光
空気中で錯乱して肌に届く光
反射光
地面や壁からの反射で肌に届く光

日々、UVクリームや日傘を使って避けている紫外線はこの3方向から肌に影響するというわけです。

錯乱光と反射光の違い

この2つの違いが分かりづらいかもしれないですね。
どっちも「反射光」ですが、違いはこうです。

◎錯乱光
空気中にある、窒素・酸素・微粒子などの目には見えない物質に乱反射する光

◎反射光
コンクリートやビル壁、アスファルト等の現実的に見えるものに反射

日陰での光は「錯乱光」と「反射光」

太陽の光が肌に届くまでの3つのルートですが、反射光や錯乱こうの大体の割合は出ています。

【錯乱光】紫外線量の半分以上

空気中で反射する錯乱光は、紫外線量の半分以上!
正午前後には、60%を超える時もあるので要注意。

【反射光】場所によって違う!

反射光は、反射する対象で違います。

・芝 1~2%
・土 8~10%
・コンクリート、アスファルト 10~20%
・波 20%〜
・雪 80%〜

驚愕する雪の強さ…!

白は最も光を反射する色なので、スキー等のスノースポーツは真夏の紫外線以上と言われる理由は「反射光」のためなのです。。

都会ではコンクリート等の反射もあなどれません。

反射光の強さは、目に感じる「眩しさ」の度合いに比例すると感じています。

この他、金属の反射も強めです。

ツルツルした野外広告やマンホール等から眩しさを感じた場合は、紫外線が多く反射しているかも!?

土や芝などは目に優しい気がしますが、実際に反射も少ないのも面白いですね。

Follow me!

こちらの記事もよく読まれています

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする