mad hippie(マッドヒッピー)の日焼け止めを調査レポ!

iHerbで買えるmad hippie(マッドヒッピー)の日焼け止め。
最近、日本でもノンケミカルな日焼け止めが注目されるとともに、徐々に人気が出てきている気がします。

Mad Hippie 顔用日焼け止め Facial SPF

SFP30の顔用日焼け止め、Facial SPF, 30+ UVA/UVB Broad-Spectrum。抗酸化オイルをしっかり配合しています。
レッドラズベリーシードオイルは、他のオイルよりも高いUVカット指数を持つオイル、キャロットシードオイルはアンチエイジング効果も期待できます。
ノンケミカルな日焼け止めでありながら、攻め感のあるUVクリームな感じです。

使用感

ノンナノ酸化亜鉛を16%も配合しているため、規定量(500円玉効果大)を顔に伸ばせば当然白くなります。白浮きはアリです。
ただし、SPF30の効果を発揮しない少量を伸ばして使うのであれば、顔色はトーンアップする感じです。
香りは柑橘系。好き嫌いはありそうです。

容器について

可愛い感じの容器。
エアレスポンプ式なので、いつでも新鮮な日焼け止めクリームが出てきます。
ただ、日本製の容器を基準に考えると中味を出しにくいと感じる部分があるかもしれません。

全成分

酸化亜鉛 16% アロエベラ葉ジュース、ブチロスパーマム・パーキー(シアバター)バターフルーツ、水、カプリル/カプリン酸トリグリセリド、カプリリルグリコール、セチルアルコール、柑橘類、センキュウ、 (スウィートオレンジ)オイル、ニンジン属Carotaサティバ(ニンジン)種子油、エチルヘキシルグリセリン、グリセリン、イソステアリン酸、ジャスミナム・オフィシナーレ(ジャスミン)オイル、パーシアグラティッシマ(アボカド)油、フェネチルアルコール、ポリグリセリル-3蜜ろう、ポリグリセリル6ジステアレート、キイチゴIdaeus (ラズベリー)種子油、ホホバエステル、ナトリウムアスコルビルリン酸(ビタミンC ) 、ヒアルロン酸ナトリウム、トコフェロール(ビタミンE )

マッドヒッピー(Mad Hippie)について

アメリカのナチュラルコスメブランド、マッドヒッピー。
パラベン、合成着色料、人工香料、合成化学成分を一切使っていないので、アメリカではナチュラル派に人気。

ナチュラルコスメといえば、ひたすら「無添加」を突き詰めるブランドも多い中マッドヒッピーは最先端成分も使っているのが特徴です。

ライザップではないですが、「結果を出す」ことにもこだわりっているブランド。自然派コスメでは珍しいですよね。

ビタミンC美容液と併用で、しっかりめのUVケアをするのもアリ!

マッドヒッピー(Mad Hippie)といえば、アイハーブで人気があるのが、ビタミンC美容液。
水溶性ビタミンCや自然界のエイジングケア物質であるフェルラ酸が入っています。米ぬかにも含まれている成分です。
フェルラ酸はビタミンCと一緒に摂ると紫外線ダメージへの対応力が8倍にもなるので、顔用日焼け止めと合わせて使えば効果がアップしそうです。
自然派コスメ好きなら、マッドヒッピーは日焼け止めよりもこのビタミンC美容液を使っている人の方が多そうです。

ノンケミカルな日焼け止めってバランスが難しいですよね。
成分を求めたら使用感がよくないし、使用感や仕上がりを求めたら成分が…となってしまいます。
折り合いの付け所や、用途によって分けれたらいいですよね。

>>ノンケミカルな日焼け止め!人気のオーガニック日焼け止めはコレ!

Follow me!