ノンケミカルなスキンケアの究極!?ナチュラルすぎる肌ケアが気になる

ノンケミカルな日焼け止めやオーガニック系のスキンケアアイテム、成分重視の化粧品選びを研究していると出会う情報があります。

それが、もはやほぼ「何もしない」レベルの超シンプルスキンケア。宇津木式や肌断食などがあり、中には日焼け止めも使わないものを推奨しているものも。

ノンケミカルなスキンケアの究極!?ナチュラルすぎる肌ケアが気になる

紫外線対策をしないのは怖すぎるのでできませんが、気になるものは気になります。

私自身もシンプルスキンケアではありますが、日焼け止め・UV対策はやっぱりしたいなぁと思いますが、いくつか本も読み一定の魅力も感じつつ…。

洗わない洗顔

とにかく顔を洗わない。
お湯で軽くすすぐ程度にして、自分から出る皮脂を大事にするという美容法です。

メイクを落としたい場合は、ココナッツオイルで馴染ませてティッシュオフ(その場合も石鹸は使わない)洗顔やメイク落としを使うことで、必要な皮脂までも落ちちゃわないようにするのです。

おまけに、やさしめの化粧品ならお風呂に入って夜寝ている間に落ちてしまうとか。クレンジングの肌摩擦や合成界面活性剤のほうが刺激が強い、という見解なのだと思います。

必要以上に落とすと、やっぱり乾燥や肌トラブルにつながってしまうからです。
自分から出る皮脂を大事にすると、その後の基礎化粧である化粧水や乳液クリームの使用をしなくていいです。もちろん、朝も、目やになどを落とす程度。化粧も基本はアイメイクのみ。
石鹸を使わなくなった事で過剰に出ていたTゾーンのテカりがなくなったという人もいるようです。

朝は水だけ洗顔

こちら、わたしは行っています。
朝は水だけという方、だんだん増えてきている気がします。乾燥肌で悩んでいた友人もずいぶん改善されていました。

わたしは水だけですが、もう少し丁寧な方法だと、ぬるま湯で洗って最後は冷たい水で毛穴を引き締めるという方法。

タオルでごしごしこすらずに、さっと水分を拭きとるだけ。水が残った状態で化粧水をつけます。
化粧水は清潔な手にとって手が顔に吸い付くくらいまで浸透させます。乳液で蓋をするようにさっとつけて終わり。