ジョンソンベビーUVローションの使用感や口コミ

ジョンソン・エンド・ジョンソンから出ている、石けんで落とせる紫外線吸収剤不使用の日焼け止めローションです。

ジョンソンベビーUVローション

SPF15 PA++。
顔用に使うなら、パウダーかファンデでの仕上げが必須な感じです。

ベビー用と書いてありますが、合成界面活性剤や合成ポリマーは使っているのであまり成分はよくないです。
紫外線吸収剤は使っていないものの、それ以外で使っている成分が多いので、肌に優しい日焼け止めを求めている人には向いていないかもしれません。

保湿効果もあるということですが、成分と使用感、そして総評から、当サイトではおすすめしていません。が、SPF15と低めなので、紫外線錯乱剤による肌ダメージは少ないといえます。安いので気になる人は試してみるのも良いかもしれないですね!

白浮きはアリ

着色料不使用なので、少し白浮きはします。
伸びはよいのですが、つけすぎると少しモロモロが出ることもあります。

顔用は別の日焼け止めで体ように使っている人もいます。
が、からだ用としても量をつけるとベタベタしてしまうので注意は必要です。

香りに好き嫌いがあるかも!

アロマの香りですが、少し強めと感じる人もいるかもしれません。好きな人は好きですが、好みが分かれそうな香りです。好きな人には良い香り、キライな人はNG…という感じです。

クリームタイプ、オフは簡単!

乳白色で少し硬めのテクスチャです。
ローションというよりはクリームや乳液のような感じ。

石けんで簡単に落ちます。
これは嬉しいところですよね。

体感としては、お湯だけでも落ちる感じです。
汗をかく暑い日には少し心配ですが、その分肌には優しい仕様です。

容量と値段は嬉しい!

100mlと大容量なのに500円から600円で購入できます。
低刺激で成分にこだわると、2000円以上~5000円くらいの日焼け止めが多い中でコスパとしてはかなり良いです。ただ、この日焼け止めが「低刺激」と言えるかどうか…。

全成分

水、酸化チタン、PG、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、PPG-2イソデセス-7カルボン酸イソプロピル、セチルリン酸K、安息香酸アルキル(C12-15)、グリセリン、ヒマワリ種子油、セタノール、炭酸ジカプリリル、ジメチコン、ステアレス-21、キサンタンガム、ステアレス-2、合成ミツロウ、水酸化Al、ハイドロゲンジメチコン、EDTA-2Na、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、BHT、クエン酸、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料

Follow me!