近赤外線対応の日焼け止め2017/デイリー使いならコレ!

紫外線対策をガッツリすれば肌老化しないのでは…?
と思っていたら、最近紫外線のみならず近赤外線もは肌へ影響を与えることが分かってきました。

近赤外線というのは、電磁波のひとつ。
紫外線は波長が短く、赤外線は波長が長いもの。
近赤外線は、紫外線の約5倍近くの地表まで届くとも言われています。

少しでも肌老化を減らしたい!
…という女性の願いから、近赤外線対応の日焼け止めも登場しています。

近赤外線対応の日焼け止め2017

…ということで!
今回は近赤外線対応の日焼け止めを紹介します。

◼ポーラ B.A ザ プロテクターS
SPF50 PA++++。
UVA、UVBともに高い防御率なうえ、近赤外線にも対応。
45g 15,000円とデイリー使いにはちょっと高め。

◼ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ CC +
SPF50 / PA++++。
可視光線・赤外線にも注目して作られた日焼け止め。
40ml・12,000円

リペアUVクリーム
SPF30 PA++
こちらも、近赤外線だけでなくブルーライトもカットするノンケミカルなUVクリーム。40mL 4000円。

金額が高いので現実的なのが欲しい!

上記、いくつか紹介しましたが、どれもデイリー使いにはちょっと高め。

近赤外線も毎日降り注いでいるのて、デイリーで使いたいという方にはコチラがオススメ。

オルビス サンスクリーンオンフェイス

SPF34、PA+++。
近赤外線対応かつ大気汚染物質にも対応。

ノンケミカル(紫外線吸収剤フリー)で960円とこのページでは最も高いコスパ。
デイリーで使うなら一番現実的な気がします。

Follow me!