まだマイナーだがノンケミカル&シンプル成分な日焼け止め

メジャー感はないのですが、実は低刺激な日焼け止めを紹介します。

知名度は低いが成分優しい低刺激なオーガニックUVクリーム

日焼け止めクリームやUVパウダーの種類、どんどん増えていますよね。

ガンガン宣伝されているものは分かりやすいですが、雑誌やテレビで目にしないけどいい商品もあります。

趣味の日焼け止めリサーチで見つけたり買ったりした、マイナーだけども成分優しい日焼け止めを紹介します!

FIBRO derma シルクの日焼け止め

シルク85から出ているブランド「FIBRO derma(フィブロダーマ)」からは、シルクベースのシンプルな日焼け止めが出ています。

不使用ブランド。

繭が紫外線をブロックするとともに吸収して、蚕を守る天然の力でお肌を紫外線から守ります

蚕(かいこ)の繭から作られるシルク(絹)ですが…
実は蚕は、繭の中で紫外線にあたるとうまく成長できないんだとか。これ、シルクが紫外線対策によいとされる理由ですよね。

乳化剤もアルコールもオイルも界面活性剤もフリーなのでサラッとした使用感。色はホワイトです。。

界面活性剤・乳化剤フリー、ノンオイル、ノンアルコール。全成分もこんなに少なくてノンナノ粒子です(買う前に問い合わせました。)

全成分

水、加水分解シルク、アルギン酸Na、酸化チタン、ローズ水、BG、イチョウ葉エキス、メチルパラベン

引用と全成分はコチラより
https://www.silk85.com/products/detail.php?product_id=58

QUICKOOL90 UV BKOCK

沖縄生まれのノンケミカルな日焼け止め。

こちらもかなりシンプル成分なノンケミカル仕様。なのにSPF値50+ PA++++&ウォータープルーフなので、レジャーにもマル◎。

(前に紹介した「サンゴに優しい日焼け止め」の個包装タイプも気に入っています。)

全成分

アーモンド油、酸化亜鉛、シリカ、ステアリン酸亜鉛、トコフェロール

アトピーくらぶ れのあ

特別な敏感肌ように作られたブランド「アトピークラブ れのあ」からは、「外線防止成分を配合したクリーム」と紫外線をカットする「スキンケアパウダー」が出ています。

ここから出ているレのリアスキンケアシリーズは、弱酸性化粧品で防腐剤は不使用、合成系の乳化剤・香料・着色料は使わない化粧品ブランド。

しっとり感のある保護用クリームという感じです。
確か以前は「お日様のお手入れ」という名前で販売されていた気がするのですが、少しブランドリニューアルした感じです。

パウダーは、マイカと酸化チタンで紫外線をガード!
紫外線吸収剤は不使用です。

SPFやPA表記はないですが、その分敏感肌向き。

NATURASSIC SUNSCREENのサンスクリーン

NATURASSIC(ナチュラシック)は、植物原料と伝統技術を使った、アーバンナチュラルスキンケアブランド。

酸化チタンと酸化亜鉛を使った香りの違うサンスクリーンが3種類出ています。

原材料

アンズ核油、ホホバ種子油、ミツロウ、シア脂、酸化チタン、酸化亜鉛、香料(天然エッセンシャルオイル)

Follow me!

こちらの記事もよく読まれています

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする